"直接的に肝機能障害を引き起こさないとしても、初めから肝臓の病気を抱えていたり機能が衰えたりしている方は自己判断ではなく、医師の診察を受けてから服用した方が好いかもしれません。「フィンペシアを服用することで病気になるのか?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

 

年齢を重ねた方ほど病気を患いやすくなっておりますし、体調不良を悪化させないためにも医師の指示に従って服用するのがベストなのではないでしょうか。実際に、フィンペシアを服用している人は日本で18万人を超えており、十数例に重篤な肝機能障害といった病気が報告されたのは事実です。

 

確かに、フィンペシアは医薬品の一種で副作用が引き起こされることはありますが、服用が直接的な原因になって病気になるケースは至って乏しいようです。それでも、フィンペシアの服用で肝臓のALT値とコレステロール値が上昇したというデータがあり、肝機能障害といった病気のリスクが上がると考えられております。

 

臨床試験では何千人もの結果を見ることはできないですし、重篤な肝機能障害が確認されなかったとしても、個人の体質によっては引き起こされることがあります。臨床試験で起こった肝機能障害は非常に軽く、健康に悪影響を及ぼすものではなかったものの、病気を患うリスクが上がることを心得ておくべきです。

 

"